【3/6(火)磯崎 新 登壇】国際シンポジウム:日本イラン関係から見たイラン近現代建築

20180215_tennoz_face
20180215_tennoz_back

国際シンポジウム
日本イラン関係から見たイラン近現代建築
~シャーの建築家たち/丹下健三/そしてポスト革命世代~

日時 2018年 3月6日(火) 18:30 – 20:30 (18:00 開場)
会場 寺田倉庫 B&Cホール 1階
入場料 一般 2,000円  大学生・大学院生 1,000円  高校生以下 無料
日本建築学会会員 無料(いずれも建築倉庫ミュージアム 入館料込み)
スピーカー
– 磯崎新(建築家)
– 三宅理一(日本建築文化保存協会理事)
– 豊川斎赫(建築史家・千葉大学准教授)
– 松村秀一(日本建築学会副会長・東京大学教授)
– アリ・ケルマニアン(建築家)
– カヴェヘ・ファッタヒ(シラーズ大学准教授)
– メヘルダード・ザヴァレヒ・モハマディ(建築家)

モデレーター
– 山名善之(建築史家・東京理科大学教授)

総合司会
– 和田菜穂子 (東京建築アクセスポイント)

申し込み 
Peatix http://archi-depot180306.peatix.com
もしくは、建築学会ホームページより(催し物 – 公募ページ)  https://www.aij.or.jp/event/list.html?categoryId=84

展覧会
【前期】 
期間2018年3月3日(土)〜3月28日(水)
会場 寺田倉庫 B&Cホール 2F特設ギャラリー

【後期】
期間2018年4月1日(日)〜5月6日(日)
会場 建築倉庫ミュージアム

入場料 一般 2,000円  大学生・大学院生 1,000円  高校生以下 無料
日本建築学会会員 無料(いずれも建築倉庫ミュージアム 入館料込み)

主 催 一般社団法人日本建築学会、一般社団法人日本建築文化保存協会
共 催 公益社団法人日本建築家協会
後 援 外務省、国土交通省、文化庁、在京イラン・イスラム共和国大使館、国際交流基金、品川区、公益財団法人日本美術協会、一般社団法人日本イラン協会、文化遺産国際協力コンソーシアム、寺田倉庫
協 賛 イラン技術者協会、アザリスタン・グループ、パヤ・シャール、旭紙業株式会社
協 力イラン文化遺産・手工芸・観光庁、タブリーズ市、シラーズ市、京都市、株式会社丹下都市建築設計、独立行政法人東京文化財研究所、建築倉庫ミュージアム、シラーズ大学、ブアリシーナ大学、イラン科学技術大学、芝浦工業大学、中央大学理工学部、明治大学小林正美研究室、三重大学花里研究室

Flyer

pdf国際シンポジウム・展覧会【天王洲】 PDF 1.3MB